質問する

Revision history [back]

click to hide/show revision 1
最初のバージョン

テンプレートの不具合のようですね。次のリリースでは直ると思いますが、ひとまずの回避策としては修正したテンプレートを規定に設定しておくと良いです。方法は、Impressを開いて以下の方法で設定できます。

  1. メニューの[表示]→[マスタースライド]からマスタースライド編集モードを開く
  2. 右側タブの「スタイル」を開く
  3. 「背景のオブジェクト」を右クリック、メニューから「編集」を選ぶ
    • 「線」タブ: スタイル「実線」を「なし」に変更
    • 「領域」タブ: 「色」から「なし」に変更
  4. 「マスター表示」ボタンでマスタースライド編集モードを閉じる
  5. メニュー[ファイル]→[テンプレート]→[テンプレートとして保存]を開き、以下の設定で保存する
    • テンプレート名: 適当に
    • テンプレートのカテゴリー: 自分のテンプレート
    • 「規定のテンプレートにする」にチェックを入れる

テンプレートを解除するには、テンプレートの選択画面(メニュー[テンプレート]→[テンプレートの管理])から、設定したテンプレートの上で右クリックメニューを出して、「規定に戻す」を選ぶともとの白紙テンプレートに戻ります。

テンプレートの不具合のようですね。次のリリースでは直ると思いますが、ひとまずの回避策としては修正したテンプレートを規定に設定しておくと良いです。方法は、Impressを開いて以下の方法で設定できます。

  1. メニューの[表示]→[マスタースライド]からマスタースライド編集モードを開く
  2. 右側タブの「スタイル」を開く
  3. 「背景のオブジェクト」を右クリック、メニューから「編集」を選ぶ
    • 「線」タブ: スタイル「実線」を「なし」に変更
    • 「領域」タブ: 「色」から「なし」に変更
  4. 「マスター表示」ボタンでマスタースライド編集モードを閉じる
  5. メニュー[ファイル]→[テンプレート]→[テンプレートとして保存]を開き、以下の設定で保存する
    • テンプレート名: 適当に
    • テンプレートのカテゴリー: 自分のテンプレート
    • 「規定のテンプレートにする」にチェックを入れる

テンプレートを解除するには、テンプレートの選択画面(メニュー[テンプレート]→[テンプレートの管理])から、設定したテンプレートの上で右クリックメニューを出して、「規定に戻す」を選ぶともとの白紙テンプレートに戻ります。

  • 参考: https://helponline.libreoffice.org/6.0/ja/text/shared/guide/standard_template.html