ソースコードファイルでのウィルス検出について

質問日 2018-07-23 03:35:01 +0200

Koshino のGravatar画像

初めて投稿します。よろしくお願いいたします。

既知情報かもしれませんが、最新版のソースコードファイル(libreoffice-6.0.5.2.tar.xz)を展開したところ、ウィルスソフトでトロイの木馬が検出されましたのでご報告いたします。

ウィルス検出したファイル

libreoffice-6.0.5.2\sd\qa\unit\data\ppt\pass\crash-2.ppt

使用したウィルスソフト

McAfee VirusScan Enterprise ver8.8

対象ファイルがLibreOfficeにどの程度影響しているファイルなのか確認していないのですが、 公式配布から削除される予定などございますでしょうか?

edit retag flag offensive close merge delete

Comments

まぁ、ファイル名から「クラッシュしないかどうか確かめるテスト」だろうから…見方によっては脆弱性を攻撃するファイルでもあるわけで…。自分も別ファイルをビルドしているときにWindows Defenderに検出されたものがたしかいくつかあったよ。「それがどういうものであるか」が把握できているなら恐れる必要もないんじゃなかなあ、と自分は思う。

himajin100000 のGravatar画像himajin100000 ( 2018-07-23 05:50:18 +0200 )edit

ご返信ありがとうございます。 脆弱性攻撃確認用のテストファイルだったんですね。 qaフォルダの意味を理解できていませんでした。

問題なさそうなファイルで安心しました。 ありがとうございました。

Koshino のGravatar画像Koshino ( 2018-07-24 04:27:56 +0200 )edit