impress アニメーション不具合Animation Strange behavior

質問日 2020-07-20 10:59:45 +0200

やまげん のGravatar画像

アニメーション動作 挙動のおかしさ ①戻るでの挙動 ②スピンでの挙動 ③画面拡大中の不具合 ①アニメーション効果を複数のオブジェクトで適用  ”現れる”は正常に動作。 anime効果を”戻る”で戻す。すると”フェードetc”効果では、数個前の動作したオブジェクトが消えたりする。これは、バージョン6.2以降で見られる。バーション6.1最終版では普通にバックできる。 ②スピンアニーメーションで、スピンさせると、オブジェクトが消える。  正確には、スピンさせた円弧の線などが、見えないほど細くなる。 ③LinuxMintなどでアクセシビリティ機能の画面拡大で、プレゼンを実行中を想定する。このとき、倍率が1倍より大きいとき、その状態でプレゼンを”進む”にすると、進行が大幅に進んだり、次のスライドに飛んだりする。 これは、バーション6.1では見られない。 Animation behavior Strange behavior ① Behavior on returning ② Behavior on spin ③ Bug while expanding screen ① Apply animation effects to multiple objects "Appear" works normally. Return the anime effect with "Return". Then, with the "fade etc" effect, the previous objects that were moved a few times disappear. This is seen in version 6.2 and above. In the final version of version 6.1, you can play back normally. ② The object disappears when you spin it with the spin animation. To be precise, the arc line that is spun becomes so thin that you cannot see it. ③ It is assumed that the presentation is being executed by expanding the screen of the accessibility function with Linux Mint. At this time, if the magnification is greater than 1 and the presentation is set to “advance” in that state, the progress is greatly advanced or the next slide is skipped. This is not seen in version 6.1.

edit retag flag offensive close merge delete