以前のバージョンで作成したグラフが編集できない

以前に作っていた血圧測定グラフの編集が出来なくなってしまいました。
このファイルでは新たにグラフ作成も出来ないのかグラフのボタンも無効になっています。

1 Like

添付画像を拝見するとシート名の前に南京錠のアイコンが見て取れます。編集したいグラフを含むシートが保護されている状態で、そのことがグラフを編集できない原因と思われます。
シートの保護を解除してください。次のいずれかを実行するとシートの保護が解除できます。

  • メニューの [データ] ⇒ [シートの保護] (チェックが入っているはず)をクリックする
  • シートのタブ上(シート名のところ)で右クリックし、出てきたメニューから [シートの保護](チェックが入っているはず)をクリックする

以上です。

3 Likes

有難うございました。
ただ、保護を外して編集しようとグラフオブジェクトにフォーカスがある間は画面にグラフオブジェクトが表示されますがグラフオブジェクトからフォーカスを失うと上手く表示されません。


シェイプが上にかぶさっているようですが、なぜでしょうね。そのシェイプを削除することはできそうでしょうか?

LibreOfficeのバージョンはどれになりますか?
また、再現できる公開可能なファイルを、ここにアップロードできますか?
コメント欄で、アップロードボタンからファイルはアップできます。

1 Like

数年前に自分の血圧管理のために作成したファイルあのですが、しばらく暗影したので使用を中断していましたが、今年数年ブルに使用したところ上手く表示しないグラフがありました。
試したバージョンはWinX64の7.4.0と7.3.5で試しましたが7.4.0ではパソコンによっては脈拍無しと脈拍無し移動平均の他部ではアプリがフリーズするPCもあるようでグラボが関係しているのでしょうか?
ketsuatsu.ods (158.2 KB)

1 Like

ファイル、ありがとうございます。(プライバシー的に大丈夫でしょうか?まずければ削除ください)
「脈拍無し」と「脈拍無し移動平均」シートでは、グラフは見当たらずシェイプがあるだけのようにみえましたが、シェイプをダブルクリックするとグラフ編集画面になりました。

原因はわからないのですが、シェイプの角を引っ張って拡大すると、グラフとして表示されるようになりました。ひとまずこれで回避して利用できませんか?

なお、私の環境でもLibreOffice 7.4.0では「脈拍無し」と「脈拍無し移動平均」シートを選ぶと、しばらく固まりました。同様のことが私のファイルでも起こっており、再現条件を探しているところです。

手元の環境(LibO 7.4.0.3 Win10)では「脈拍無し」と「脈拍無し移動平均」のシートを開こうとするとLibOがフリーズしますね。PCはAMD Ryzen系のチップセットです。

Version: 7.4.0.3 (x64) / LibreOffice Community
Build ID: f85e47c08ddd19c015c0114a68350214f7066f5a
CPU threads: 8; OS: Windows 10.0 Build 19044; UI render: default; VCL: win
Locale: ja-JP (ja_JP); UI: ja-JP
Calc: CL

1 Like

シートタブのクリックでハングする現象自体はこちらでも確認した。
bibisect.odt (38.8 KB)

https://gerrit.libreoffice.org/c/core/+/128354

何でこの変更でハングするのかはよくわからない。

2 Likes