質問する

Revision history [back]

click to hide/show revision 1
最初のバージョン

ピボットテーブルのデータ範囲について

libreoffice6.2のcalcを使用しています。

別シートのデータからピボットテーブルを作成しています。 データを定期的に追加することから、ピボットテーブルのデータ範囲を可変にしたいと思っているところです。

〇 ピボットテーブルのデータ範囲を名前付きの範囲に設定し

〇 名前付き範囲の設定で「参照範囲または数式」の欄に、エクセルで可変にするようにOFFSET関数で入力しま  したが、名前の管理で範囲として認識されません。

ピボットテーブルのデータ範囲を可変にするには、どのようにしたらいいのかご教示願います。

ピボットテーブルのデータ範囲について

libreoffice6.2のcalcを使用しています。LibreOffice 6.2のcalcを使用しています。

別シートのデータからピボットテーブルを作成しています。 データを定期的に追加することから、ピボットテーブルのデータ範囲を可変にしたいと思っているところです。

〇 ピボットテーブルのデータ範囲を名前付きの範囲に設定し

  • ピボットテーブルのデータ範囲を名前付きの範囲に設定し
  • 〇 名前付き範囲の設定で「参照範囲または数式」の欄に、エクセルで可変にするようにOFFSET関数で入力しま  したが、名前の管理で範囲として認識されません。

  • 名前付き範囲の設定で「参照範囲または数式」の欄に、エクセルで可変にするようにOFFSET関数で入力しましたが、名前の管理で範囲として認識されません。

ピボットテーブルのデータ範囲を可変にするには、どのようにしたらいいのかご教示願います。

ピボットテーブルのデータ範囲について

LibreOffice 6.2のcalcを使用しています。

別シートのデータからピボットテーブルを作成しています。 データを定期的に追加することから、ピボットテーブルのデータ範囲を可変にしたいと思っているところです。

  • ピボットテーブルのデータ範囲を名前付きの範囲に設定し
  • 名前付き範囲の設定で「参照範囲または数式」の欄に、エクセルで可変にするようにOFFSET関数で入力しましたが、名前の管理で範囲として認識されません。

ピボットテーブルのデータ範囲を可変にするには、どのようにしたらいいのかご教示願います。

ピボットテーブルのデータ範囲について

LibreOffice 6.2のcalcを使用しています。

別シートのデータからピボットテーブルを作成しています。 データを定期的に追加することから、ピボットテーブルのデータ範囲を可変にしたいと思っているところです。

  • ピボットテーブルのデータ範囲を名前付きの範囲に設定し
  • 名前付き範囲の設定で「参照範囲または数式」の欄に、エクセルで可変にするようにOFFSET関数で入力しましたが、名前の管理で範囲として認識されません。

ピボットテーブルのデータ範囲を可変にするには、どのようにしたらいいのかご教示願います。